覚えておきたい不動産売買における媒介契約の流れ

不動産売買での媒介契約とは業者と結ぶ売買契約のようなものでいくつかの種類がありますが、注意点として、種類によってできることとできないことがあるので覚えておきましょう。

不動産売買は流れよくスムーズにしたいですよね。
思い出深いマイホームの売却については、できるだけ高い値段で売却したいと思うはずです。

しかし不動産を購入するとき、私たちはウェブサイトをチェックしたり、チラシをチェックしたりしてどのような物件にしようか探していくのですが、マイホームの売却となるとどうやってしていけばいいのか良く判らないと言う人が多いでしょう。

物件の売却をする流れは最初に売却計画を立てて、不動産業者に売却価格の査定を依頼します。
売却価格を査定したところで業者に連絡をして媒介契約を結ぶのです。
売り出し価格を決めて売り出すと購入希望者が内覧などをしにやってきます。
価格交渉売却条件などの交渉の後に無事に買主が決まったら一安心です。

この媒介契約とは業者と結ぶ売買契約のようなものでいくつかの種類があります。
注意点としてはその種類によってできることとできないことがあるのでそれを知っておくことが必要です。

専任媒介契約というものはひとつの業者とのみ契約を結ぶもので、
業者は定期的に活動報告を売主に対してしなくてはいけません。
一社で買主を探して利益を独占することができるのでほかの業者に手数料を持っていかれる心配がない分業者が腰を据えて一生懸命に買主を見つけてくれ、売却のスピードアップができるという話もあります。

この専任媒介契約の場合には売主は自分でも買主を独自に探すことができるのですが、
さらに専属専任媒介契約というのがありコチラは買主を自分で探すことはできません。
このように契約によって売主の方にも制限が出てくるのでそれが知っておくべき注意点です。

一般媒介契約とは複数の業者と同時に契約できるものです。
買主を先に見つけて契約しないと仲介手数料が支払われないので業者間で競争が発生します。
それで自分の会社が仲介手数料をもらえるとは限らないので熱心に探してくれないとするウェブサイトもありますが、実はこうして競争するほうがスピーディーに買主を探してもらえるという説もあります。

一般媒介契約の場合には売主も物件の買主を探すことができるというメリットもあります。
スピーディーで満足できる売却には業者の力が欠かせません。
いかに優秀な不動産業者を見つけて流れよく買主を探し出し売却できるかが重要な注意点になってくるのです。

こうした業者選びの際に売り出し希望価格や、希望の売却期限をしっかりと伝えるのがおすすめです。
特に売却の期限はそれによって売却価格も変わってくるほどの大きな要因になるからです。
急いで売却すれば価格は低くなり腰を据えてゆっくり売却できれば価格を下げずに売ることができるでしょう。